月夜の二塁手まんちゃんのあっさり動画大国

ゲーム動画ランキング
ここを友達に教える
おすすめベスト10!
1.ジェラシー
2.video
3.やしきたかじん
4.寺尾
5.中勘助
6.いつか晴れた日に
7.パイレーツ・オブ・カリビアン ワールド・エンド
8.脳梗塞
9.ジュエルズ・サンタナ
10.ドーン・オブ・ザ・デッド

i-mobile
占いランキング
よろずや平四郎活人剣〈下〉 (文春文庫) この時代小説はけれんと平凡の対比で出来ている。
そのどちらもが退屈することがない。

平凡を書いて心やすませ、
けれんを書いて心躍らせる。

見事としか言いようのない筆運びは円熟の域である。

スクープ~悪意の不在~ [DVD] 権力やマスコミの横暴に対して、インテリジェンスを武器に、クールに、大胆に戦いを挑む。そんな主人公の役柄は反骨精神の塊と言えるポール・ニューマンの姿と重なりあう。激情にかられることなく、ヒロイックに破滅的な手段を選ぶことなく、したたかな戦術を駆使して相手を罠にはめていくストーリーはとてもスリリングだ。しかし僕が見てほしいのは船上のランチや、場末(たぶん)のバーでのディナー・シーンです。きどらない、しゃれた上質の会話です。そして、喉が渇けばさりげなくビールを手に。そんな普通の生活の中でポール・ニューマンを気取ってみたくなるシーンがたっぷりあって僕はうれしくなるのです。とにかく繰り返し見てまっとうな大人になりましょう。
それでもボクはやってない スタンダード・エディション [DVD]  非常によくできた映画だと思う。娯楽性はあまりないけれども、今まで表に出なかった捜査と裁判の闇があばかれるという意味で、衝撃であると同時に、日本の司法の実際のレベルの低さを痛切に認識させられる。
 最後の判決を聞いていると、論理的でないことに気づく。女子学生はウソを言っていない。被告人を擁護する目撃者は状況のすべてを網羅していない。そして、他に誰も痴漢を実行できる人間がいない故、被告人が犯人だと断言しているが、最後の「他に誰も痴漢を実行できる人間がいない」という仮定に対して、隣にいた太った男が被告人の体の前に手を通して女子学生の体を触ったならば、被告人はそれに気づくはずという論理を展開するが、それについての検察側、弁護側による検証はされていないのだ。実際、被告人はリュックをもっており、リュックの前を男の手が通っても被告人はそれはわからなくてもなんらおかしくはない。
 この、もっとも重要な点が、裁判官の勝手な主観で決められたことは、なんとか99.9%の有罪率に合わせて事なかれ主義に都合を合わせるための方便なのだろうか。だとしたら、こんなに恐ろしいことは無い。魔女裁判と同じではないか。
 それに加えて捜査のあまりのずさんさにあきれかえる。よくアメリカ映画で、捜査に不手際があれば、それで有罪にはなりえないというプロットがよくあるが、日本ではそういう機能は働かないのだろうか。
 とにかく、ホントに日本の裁判てこんなモン?って、現実の姿をもっと知りたくなった。

☆人気サイトランキング☆


[ニュース|着メロ|SNS]
[動画|ゲーム|ヤフオク]
[便利|辞書|交通]
[ランキング|天気|メル友]
[占い|住まい|ギャンブル]
メル友募集掲示板☆
ケータイランキング!
◆JPOPランキング◆

today:145 yesterday:384
TOTAL:9671